子どもが生まれると、夫も妻も万が一に備えるお金を大幅に増やす必要があります。そして無事に子どもが自立した場合には、家族内における夫妻の責任の範囲は、ある程度少なくなります。つまり、備えるお金は少なくできるのです。

子どもが社会人になると、長く続いた親の責任や教育費などの負担から、親は解放されます。精神的にも経済的にも余裕が生まれますから、このタイミングでは保険を少なくする方向に見直します。それまではとにかく「家族が困らないように」という目的で保険を選ぶ必要がありました。しかし、子どもが自立したタイミングでは「自分自身やパートナーが、安心して生活できるように」という目的で保険を見直しましょう。

例えば子どもが自立した後は、死亡保障が必要な相手は夫婦お互いに配偶者のみとなります。子どもの事を考えて高額な死亡保険に加入していた人は、保障額を減らしましょう。子どもが自立した後に最適な死亡保険は、一生涯の保障を確保できる「終身保険」です。終身保険は自身の葬儀費用の確保などの貯蓄性がありますから、老後に向けた貯蓄にも活用可能です。また、加齢に伴って病気のリスクは高くなります。特に要介護状態となった場合に家計への負担が著しく大きくなりますから、それに備えて医療保険の再検討をしましょう。