保険見直しはライフステージに合わせて行おう

保険見直しはライフステージごとに行う必要性について

日別: 2017/3/1

結婚・妊娠・出産のタイミング

加入しておいた方がよい保険というのは、独身の場合と家族がいる場合ではまったく違います。結婚のタイミングでは、結婚相手の事も考えて備えるお金を多くする必要があります。必然的に保険料も増えますが、それは責任の範囲が可視化されているだけの事です。結婚とはつまり、独身の時に比べて自身が責任を負う範囲が増えるのです。

妊娠・出産のタイミングでは、夫は保険見直しの作業をしっかりとする必要があります。子どもが自立するまでの生活費や教育費が必要です。また、共働きの夫婦の場合でも子どもが小さいうちは妻の仕事が制限される可能性があります。つまり夫は妻の生活保障も含めた保障を保険でカバーする必要があるのです。

一方で妻もまた、自分の保障をしっかりと見直す必要があります。夫と妻で異なる点がある事に注意してください。保険商品によっては「妻の妊娠中や出産直後は加入できない」ものがあります。そのため妻の場合、「保険は妊娠するまえに準備しておく」という心構えが重要になります。もちろん、夫にもその意識が必要です。また、妻に万が一の事があった場合に、夫が子育てのために転職・退職をしたという事例があります。子どもが自立するまでは、妻にもある程度の死亡保障を確保しておく事が必要になります。

ライフステージに合わせて保険見直し

保険というのは「非常時への備え」です。人生はいつ何が起こるのか誰にも確かな事は分かりませんから、いつ何が起きても心配が無いように、保険にはしっかりと加入しておきたいものです。しかし、保険は「一度加入しておけばもう安心」というものでもありません。保険見直しはライフステージごとに、その都度行う必要があります。

何故かと言うと、ライフステージによって家庭の経済状況がその都度変化するからです。経済状況が変化すれば、それまでの保険料の払い方・保険のカバーの範囲が、今の状況に適しているかどうかは不明になります。したがって、ライフステージが移り変わるたびにその時の経済状況をよく考えた上で、保険を見直す必要があるのです。

ライフステージが移り変わる中では、結婚・妊娠・出産・子どもの自立など、非常に大きな変化があります。変化が大きい、という事は、経済状況の変化も大きい、という事です。備えるべき不安も変わるため、保険見直しが必須なのです。例えば、独身の時に加入していた保険は、あくまで自分自身のみを保障するものです。結婚や出産によって家族が増えた場合、守るべきものが増えますから当然保険のカバーする範囲も広げるべきなのです。

また、子どもが生まれると万が一に備えるお金を大幅に増やす必要がありますが、子どもが自立すると備えるお金は少なくできます。ライフステージが移行するタイミングでは、経済状況についてよく考え、保険をしっかりと見直しましょう

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén