保険見直しはライフステージに合わせて行おう

保険見直しはライフステージごとに行う必要性について

カテゴリー: 未分類

相談窓口に聞いてみよう

ライフステージに合わせて保険見直しは行う必要がありますが、保険に詳しくない者があれこれ考えてもその検討には限界があります。特に子どもが生まれた後には保険選びの間違いは許されませんから、相談窓口で保険の見直しについて聞いてみることが大事です。保険見直しについて相談窓口を頼ることは、多くのメリットがあります。

まず、相談窓口を利用する事で今の状況に最適な保険のアドバイスをもらうことが可能です。特に自身にかかわる就職や結婚などはもちろん、子どもが生まれた後には家族の生活がかかっているため、責任も重くなります。保険選びの間違いは許されませんから、必ず最適な保険を選びたいものです。また、相談窓口を利用する事で精神的に楽になります。家族のリスクや自分の責任についてあれこれ考えていると、どうしても精神的に負担が大きくなっていきます。専門家に相談する事で、その負担はかなり軽減されます。

さらに、相談窓口を利用する事で今あるリスクが詳細に把握できます。特に子どもが生まれた後には、リスクの見逃しなど許されません。想定外の事態になって家族が困らないように、今あるリスクについて専門家にきちんと説明してもらい、理解を深めましょう。

子どもが自立したタイミング

子どもが生まれると、夫も妻も万が一に備えるお金を大幅に増やす必要があります。そして無事に子どもが自立した場合には、家族内における夫妻の責任の範囲は、ある程度少なくなります。つまり、備えるお金は少なくできるのです。

子どもが社会人になると、長く続いた親の責任や教育費などの負担から、親は解放されます。精神的にも経済的にも余裕が生まれますから、このタイミングでは保険を少なくする方向に見直します。それまではとにかく「家族が困らないように」という目的で保険を選ぶ必要がありました。しかし、子どもが自立したタイミングでは「自分自身やパートナーが、安心して生活できるように」という目的で保険を見直しましょう。

例えば子どもが自立した後は、死亡保障が必要な相手は夫婦お互いに配偶者のみとなります。子どもの事を考えて高額な死亡保険に加入していた人は、保障額を減らしましょう。子どもが自立した後に最適な死亡保険は、一生涯の保障を確保できる「終身保険」です。終身保険は自身の葬儀費用の確保などの貯蓄性がありますから、老後に向けた貯蓄にも活用可能です。また、加齢に伴って病気のリスクは高くなります。特に要介護状態となった場合に家計への負担が著しく大きくなりますから、それに備えて医療保険の再検討をしましょう。

結婚・妊娠・出産のタイミング

加入しておいた方がよい保険というのは、独身の場合と家族がいる場合ではまったく違います。結婚のタイミングでは、結婚相手の事も考えて備えるお金を多くする必要があります。必然的に保険料も増えますが、それは責任の範囲が可視化されているだけの事です。結婚とはつまり、独身の時に比べて自身が責任を負う範囲が増えるのです。

妊娠・出産のタイミングでは、夫は保険見直しの作業をしっかりとする必要があります。子どもが自立するまでの生活費や教育費が必要です。また、共働きの夫婦の場合でも子どもが小さいうちは妻の仕事が制限される可能性があります。つまり夫は妻の生活保障も含めた保障を保険でカバーする必要があるのです。

一方で妻もまた、自分の保障をしっかりと見直す必要があります。夫と妻で異なる点がある事に注意してください。保険商品によっては「妻の妊娠中や出産直後は加入できない」ものがあります。そのため妻の場合、「保険は妊娠するまえに準備しておく」という心構えが重要になります。もちろん、夫にもその意識が必要です。また、妻に万が一の事があった場合に、夫が子育てのために転職・退職をしたという事例があります。子どもが自立するまでは、妻にもある程度の死亡保障を確保しておく事が必要になります。

ライフステージに合わせて保険見直し

保険というのは「非常時への備え」です。人生はいつ何が起こるのか誰にも確かな事は分かりませんから、いつ何が起きても心配が無いように、保険にはしっかりと加入しておきたいものです。しかし、保険は「一度加入しておけばもう安心」というものでもありません。保険見直しはライフステージごとに、その都度行う必要があります。

何故かと言うと、ライフステージによって家庭の経済状況がその都度変化するからです。経済状況が変化すれば、それまでの保険料の払い方・保険のカバーの範囲が、今の状況に適しているかどうかは不明になります。したがって、ライフステージが移り変わるたびにその時の経済状況をよく考えた上で、保険を見直す必要があるのです。

ライフステージが移り変わる中では、結婚・妊娠・出産・子どもの自立など、非常に大きな変化があります。変化が大きい、という事は、経済状況の変化も大きい、という事です。備えるべき不安も変わるため、保険見直しが必須なのです。例えば、独身の時に加入していた保険は、あくまで自分自身のみを保障するものです。結婚や出産によって家族が増えた場合、守るべきものが増えますから当然保険のカバーする範囲も広げるべきなのです。

また、子どもが生まれると万が一に備えるお金を大幅に増やす必要がありますが、子どもが自立すると備えるお金は少なくできます。ライフステージが移行するタイミングでは、経済状況についてよく考え、保険をしっかりと見直しましょう

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén